2004年のスマトラ沖地震から12年がたつ2016年12月、大津波の被害から復興を成し遂げたインドネシア・アチェで「あの日」を振り返り歌を口ずさむのは、当時小学生だったふたりの若者。東日本大震災を伝えるラップのために作られたのと同じトラックを使い、時空を越えて伝えられていく「あの日」の体験。それは未来への警鐘であり、応援メッセージだ。

<div style="position: relative; height: 0; padding: 30px 0 130px; overflow:hidden;"><iframe src="http://router.fm/player_src/?album_id=4278&type=1&color=1" frameborder="0" style="position:absolute; top:0; left:0; border:0; width:100%; height:100%;"></iframe></div>